ワキガ・多汗症(保険適用)

わきが・多汗症(保険適用)

自分のワキガが気になってラッシュの電車に乗るのが怖い!ワキ汗がひどくて
スーツの上着にまで汗ジミが…。精神的にもつらいワキガ・ワキ汗を保険治療で克服!

 

身体的にも精神的にもつらい「ワキのお悩み」。根本的解決には手術が必要です。

ワキの下から独特のすっぱい臭いがする症状を、ワキガ(腋臭)といい、通常以上の汗が出る症状を多汗症といいます。ワキガと多汗症は原因が異なるため、ワキガの人が必ず多汗症だということはなく、多汗症の人が必ずワキガだということもありません。しかし、いずれにしても「周囲にもいやな思いをさせているかもしれない」という精神的な苦痛を伴う場合も多いことから、深刻に悩み、人によってはうつ病を併発してしまうこともあります。
ワキガや多汗症は、軽度のものであれば、塗り薬や制汗製品の使用などでもある程度の改善は可能でしょう。しかし、根本的な解決を目指すのであれば、手術による汗腺の除去を行う必要があります。
 
臭いの原因は、汗腺からの分泌物と細菌。体質や加齢も大きく影響します。

ワキの下には、エクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺という3種類の分泌腺があります。そして、エクリン腺は、99%の水分と1%の塩分から成るサラッとした汗を分泌し、アポクリン腺は、タンパク質、糖類、アンモニア、鉄分、脂質、脂肪酸などの「臭いのもと」が含まれた汗を分泌しています。しかし、アポクリン性の汗もエクリン性の汗と同様、それ自体に臭いはありません。ところが、2種類の汗が混じってワキの下全体に広がり、さらに皮脂腺から分泌された皮脂(脂分)と混ざることで皮膚表面の雑菌が繁殖しやすい環境となるため、「臭いのもと」の物質が細菌によって分解され、独特の臭いが生まれるのです。

わきがのメカニズム

ワキガと遺伝の関係は、片親がワキガの場合、50%の確率でワキガは子供に遺伝します。また両親共にワキガの場合は75~80%の遺伝の可能性があります。また、ワキガは自覚できない場合もありますが、「耳垢が湿っている」「わき毛の量が多い」「服のワキの部分に黄色い汗ジミが付く」「ワキの下の皮膚の色が少し濃い」などの中で1つでも思い当たる場合は、ワキガの可能性があります。
一方、多汗症は、エクリン腺の働きが活発になることにより起きますが、全身で多量の発汗がみられる症状を全身多汗症、ワキの下や手のひらなど部分的に多量の発汗がみられる症状を局所性多汗症といいます。多汗症の原因は、ストレスや不安などの精神的なもの、遺伝や生活習慣による体質、ホルモンバランスの崩れ(更年期)などがあると考えられます。
 

アイリス美容外科の治療

ワキガと診断した患者さまの約9割が
保険適用による手術を受けられています。

当院では、ワキガ・多汗症について保険治療を行っています。ワキガ・多汗症治療のすべてのケースに適用できるわけではありませんが、カウンセリング時に症状の度合いを確認し、適用可能であれば、保険適用となる皮弁法による手術治療を行います。
汗腺の除去を行った後は、基本的に汗腺が再度増えることはありません。他院で手術を受けたにも関わらず、臭いが再発したと来院される方もいらっしゃいますが、こうしたケースは、手術時に完全に汗腺を除去できていなかったものと考えられます。当院では、再発手術も対応いたしますので、ご安心ください。

治療メニュー
皮弁法をメインに各種の治療法に対応。
万が一の再発にも対応いたします。

ワキガ・多汗症の治療法で、最も効果が高く再発しない方法は、やはり手術です。現在行われているワキガ・多汗症の手術法は、大きく分けて以下の5つがあります。いずれも汗腺を取り除いてしまうため、発汗がうまくできなくなるのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ワキガ手術で取り除く汗腺はワキの下だけです。ワキの下の汗腺は体全体から見ればほんの一部ですから、ワキの下から汗が出なくなっても他の部分から汗が出ますので問題ありません。

治療法 治療内容
皮弁法(≒剪除法)
直視下摘除法
反転剪除法
(保険適用)
ワキのしわに沿って小切開し、皮膚をめくりアポクリン腺を直接目で見ながらハサミで取っていく方法です。アポクリン腺を残さずに取れ、同時にエクリン腺も一部取れるため、高い治療効果が期待できます。
詳しくはこちら>>
イナバ式皮膚削除法
シェービング組織削除法
ローラーとかみそりの刃のついた器具を用いて、皮膚を薄く削り取る方法です。多くの美容外科で使用しており、治療効果も皮弁法と同等ですが、皮膚を薄く削り取りすぎて多くの傷を残すこともあり術後に厳密な管理も必要です。
剪除(せんじょ)吸引法 先端に穴のあるカニューレを皮膚の下に入れ、アポクリン腺を吸い出す方法です。軽度の人に適応します。この方法のメリットは切開が小さいことであり、また、デメリットは直接見てないので取り残す場合も多いことが挙げられます。
超音波法(超音波吸引法) ハンドピースという器具の先端の振動により、その衝撃でアポクリン腺を破壊し吸引していく方法です。リスクとしては、皮膚がヤケドを起こす可能性があります。
電気凝固法 皮下に針を刺して電気でアポクリン腺を焼く方法です。術後の少し残った臭いなどには有効です。

ちなみに、これまでワキガ・多汗症を疑い当院にご相談に訪れた患者さまのうち、約6割はワキガと診断される症状でした。そして、ワキガと診断された約9割の方が、保険適用の手術を受けられています。一方、ワキガではないと診断された約4割の方は、初診料(850円程度)で終了しております。「よく分からないけれどワキガかも…」とお考えの方は、ぜひ一度ご相談においでください。

このページの上部へ戻る
カウンセリング予約はこちらから
ワキガ・多汗症 Q&A
Question ワキガ手術に要する時間はどれくらいですか?
Answer 当院では、手術の時間が長引かないよう工夫しています。通常、来院からお帰りまで1時間ほどで終わります。
Question 入院や通院の必要はありますか?
Answer 入院は不要で、手術後に歩いてお帰りいただけます。通院は基本的に3日目、7日目、1ヶ月目の3回となります。通院が困難な場合はご相談ください。
Question 治療の際、痛みはありますか?
Answer 十分な麻酔を行いますので、手術中の痛みはありません。術後もほとんど心配ありませんが、念のため痛み止めもお出ししています。
Question どんな麻酔を使うのですか?
Answer ワキガ手術は局所麻酔を用います。極細の注射針を使用して局所麻酔をするので、一瞬チクッとしますが、片側1分程度で完了します。
Question 術後の傷は目立ちませんか?
Answer 吸引法などの場合、手術の方法上どうしても目立ちやすい場所を傷つけることになってしまいますが、皮弁法では傷が目立たない部位で行うことができます。また、当院ならではの高い技術で、できるだけ目立たなく仕上げることができます。
Question 術後、日常生活に支障はありますか?
Answer よほどの重労働でない限り、ほとんど支障ありません。
Question シャワー浴や入浴はいつ頃から可能ですか?
Answer ワキの下を濡らさなければ、手術の翌日からシャワーを浴びていただけます。入浴はワキの下の抜糸が終わってから(10日~2週間後)可能です。
Question 治療費は、個々のケースで症状などによって変わるのでしょうか?
Answer 治療法により料金は異なりますが、症状の程度や範囲等で大幅に異なるといったことはありません。料金は一律でご案内させていただいておりますので、どうぞご安心ください。
Question 他院で手術して再発した場合でも、手術はしてもらえますか?
Answer 当院では、他院でワキガ手術を受けられて、症状が再発をしてしまった方の修正手術も行っております。多くの方が同様のご相談でカウンセリングにお越しいただいておりますので、安心してご来院ください。
Question 保険は適用されますか?
Answer 当院のワキガ・多汗症治療は、保険が適用されるケースもあります。まずは一度カウンセリングにお越しください。
価格表
保険3割(保険適用) 両側:40,000円程度
(片側20,000円程度)
保険無し 両側:300,000円
(片側:180,000円)
保険無し(剪除吸引法) 両側:200,000円
(片側:120,000円)
ボツリヌスA型毒素 両側:60,000円〜
このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。