アイリス独自のわきが手術法

1回の手術でワキガと多汗症を解決。
保険も適用できる治療法です。

アイリスのわきが手術は、基本的には反転剪除法と呼ばれている、ワキの皮膚をきれいに剥離して直視下で丁寧に処置していく手術法に、アイリス独自の工夫を重ねたものです。
手術の手順は、まずワキの毛の生えている範囲をマークし、外周(図の楕円形の部分)に、注射による局所麻酔を施します。麻酔注射による痛みを少しでも感じにくくするために、2回に分けて行っています。次に、ワキのシワに沿って皮膚を数cm切開し、筋膜という白い膜の上の層を、手術範囲全体にわたりはがしていきます(皮膚を切り取ることはありません)。そして、はがした皮膚を裏返し、肉眼で見ながら一つひとつ丁寧に、ワキガの原因となるアポクリン腺を取り除いていきます。このとき、同時に多汗症の原因となるエクリン腺を取り除くことも可能ですので、多汗症の治療法としても有効です。
腺を取り除いたのち止血を確認したら、皮膚を縫合してアンカーによる固定とテーピングによる圧迫固定をしていきます。この圧迫固定は、術後の合併症として内出血やひだ形成(皮膚がよれた状態)、のう胞(水が溜まった状態)、皮膚壊死などが起きることを極力抑えるもので、非常に重要です。圧迫固定の方法は病院によりさまざまですが、当院の固定方法は、外見もわかりにくく、衣類の着用も可能です。ただし、無理をすれば術後の合併症は起こりやすくなるので安静が肝要です。
 

ステップ1ステップ2手術中の実際の写真はコチラステップ3手術中の実際の写真はコチラ

 

吸引法(保険適用外)

ワキガの原因組織を機器で吸引。
身体への負担が比較的軽い治療法です。

吸引法では、ワキの目立たない部分を数mm切開し、アポクリン腺を機器で吸い出して取り除きます。皮弁法に比べて皮膚へのダメージが少なく、傷も目立ちません。術後のケアも比較的容易で、翌日からシャワーを使えます。ただし、肉眼で確認しながらの作業ではありませんので、どうしても取り残しは避けられません。したがって、思ったほど効果が出なかったり、一時的に治まっても再発したりするケースが少なくありません。

このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。