フォトRF(オーロラ)

シミ、シワ、毛穴、たるみ、ニキビ、くすみ。
あらゆる肌トラブルを同時に改善します。

フォトRFは、「オーロラ」と呼ばれる機器で光と高周波を照射することにより、肌の若々しさを保つコラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌を改善させる治療技術です。加齢が進んで真皮のコラーゲンや血管が弾力を失い、ハリが低下してキメが荒くなり、毛穴が目立つようになった肌をよみがえらせます。
フォトRF最大のメリットは、シミ・くすみ・毛穴の開きに効くIPL(光エネルギー)と、そばかす・ニキビ・赤ら顔・たるみに効果をもつRF(高周波エネルギー)それぞれの性質の相乗効果を得られることです。IPLは肌の奥に熱を与え、RFは温かいところへ流れる性質をもつため、IPLによって温められた肌の奥へRFが浸透し、効果的に刺激を与えることで、数々の肌悩みを同時に改善できるのです。従来のフォトフェイシャルとは異なり、フォトRFは痛みが少なく、肌の奥深くまで浸透、作用するのが特徴です。

施術時間は1回わずか20分
数回の治療で確かな改善効果を期待できます。

フォトRF(オーロラ)の1回の施術時間は、わずか20分。これを数回繰り返すだけで、透明感と弾力にあふれる肌を取り戻せます。治療は、肌を守るジェルを塗布し、照射した肌を冷却しながら行いますので、ヤケドや痛みの心配もなく安全です。多少の赤味、ほてり、腫れ、かゆみを発する方もいらっしゃいますが、徐々に引いていきます。照射後はすぐに帰宅することができ、当日からシャワーも使用できます。

 
イメージ図
 

肌への負担が少なく
冷却システムも備えた安全性の高い治療機器です。

フォトRF(オーロラ)は、IPL(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせることで、それぞれのエネルギーを低く設定しても効果が得られます。低いエネルギーであるほど肌への負担が少ないのです。また、ヤケドを防止するための温度管理システムと冷却システムを備えており、安全性にも優れています。2002年にはアメリカのFDA(食品医薬品管理局)においてその安全性を承認されています。当院では、さらに肌を冷やしながら施術を進め、安全性の確保に最大限の注意を払っています。
 
■施術を受けられない方

● 糖尿病の方
● 日光アレルギーの方
● 極端に日焼けしている方

そばかす、ホクロ、まだらな赤みも改善。
脱毛効果もあり、ハリのあるつるつる肌を再現します。

シミ、そばかす、ホクロ、まだらな赤み、色素沈着によるくすみ

IPLは、黒色や赤色に反応する波長を持ち、色の薄い部分よりも濃い部分により強く反応します。メラニン色素への効果は抜きん出ており、シミやそばかすに働きかけて改善へと導きます。まだらな赤み、色素沈着によるくすみも解消します。
さらには、通常の美肌治療にはない、ホクロへの効果も期待できます。照射後、ホクロが一時的に濃くなりますが、やがてかさぶたができ、はがれた後にホクロが小さくなります。ただし、盛り上がったホクロにはフォトRFを照射することができません。
 
※ フォトRFを照射したホクロが日焼けすると「炎症後色素沈着」という副作用を起こす可能性がありますので、照射後は日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしっかり行ってください。
※ かさぶたを無理にはがしたり、治療後の肌をこするなど強い刺激を与えても、同様の副作用を起こす可能性がありますので、ご注意ください。
 

ニキビ、ニキビ跡

IPLが、ニキビやニキビ跡の赤みにもアプローチして改善を促します。
 

ハリ、毛穴、小ジワ、たるみ、血行不良によるくすみ

フォトRFが真皮層の繊維芽細胞を刺激し、ハリやうるおいの素であるコラーゲンやエラスチンの生成を促します。肌のハリが回復すると、たるみや毛穴が自然と引き締まり、シワが改善され、キメ細かい肌へと変化します。熱効果で肌の新陳代謝も高まり、メラニンの排出を促すだけでなく、血行不良によるくすみも改善し、透明感のある肌がよみがえります。
 

脱毛

RFは、従来、光の照射だけでは困難とされていた細い毛の脱毛も可能です。施術中、フォトRFがうぶ毛にも反応し、うぶ毛処理をするために、ほのかに焦げたような匂いを感じることがあります。自己処理がむずかしいうぶ毛を安全に処理して、肌が若返ったようなつるつるの質感が期待できます。

フォトRF(オーロラ)とフラクショナルレーザーとの違い

フラクショナルレーザーがスポット的な治療であるのに対し、フォトRF(オーロラ)は皮膚の広い範囲に効果をもたらす治療です。ニキビやニキビ跡などのスポット的な悩みだけを解消したい場合はレーザー治療の方が適していますが、肌全体のくすみ、赤みや、さまざまな肌悩みを一度に解消するにはフォトRFが効果的です。当院では、症状や肌の状態を確認したうえで、より症状に適した治療法をご提案しています。

このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。