育毛(プロペシア処方)

1日1回飲むだけで、AGA(男性型脱毛症)に
内側から働きかける内服治療薬です。

プロペシア(一般名フィナステリド)は、米国メルク社が開発した世界初の飲む発毛剤で、医師が処方するAGA(男性型脱毛症)用内服薬です。有効成分のフィナステリドが発毛を阻害する要因となる男性ホルモンの働きを抑制し、抜け毛の減少とAGAに対して効果を発揮します。とくに初期薄毛では、細くなり始めた髪が太くなっていくのを実感できます。
プロペシアは、5α還元酵素阻害薬に分類され、アメリカテキサス州〜メキシコに自生するノコギリヤシという植物を原材料とする薬効成分です。米国FDA認可を取得しており、日本では万有製薬(現MSD株式会社)が2001年より臨床試験を開始。2005年12月より厚生労働省の許可を得て、各医院にて処方されるようになりました。現在では60ヶ国以上で承認されており、AGAの治療に最も効果的な育毛剤とされています。当院で処方しているプロペシアは、万有製薬(現MSD)の正規品です。しばしば問題となっている「生産国がよくわからない値段の安い製品」ではありませんので、安心して服用いただけます。

まずは、続けること。それが発毛への第一歩です。

飲む育毛剤「プロペシア」は、1錠あたりのフィナステリド含有量が「0.2mg」と「1mg」の2種類あり、一般的には1mgが主流です。使用量は1日に1mgまでとされており、指定量以上を服用しても育毛・発毛効果の拡大は確認されていません。食前・食後など服用時間の指定は特にありませんが、医師より指示があった場合には、その指示に従って服用します。効果が発現するまでの期間については、患者さまのホルモンバランスやヘアサイクルのリズムに関わるため個人差がありますが、数年間にわたり服用を継続することが必要です。感覚的な実感値としては、6ヶ月以上の使用で90%の方が効果を実感され、満足を得ています。
 
● プロペシア使用感調査データ(出典:MSD情報)
http://www.propecia.jp/secure/launchcontents/investigation/
※リンク先のページで、「あなたは医療関係者ですか?」と聞かれるので「医師」と答えてください。

薄毛の原因物質・男性ホルモンDHTの抑制が毛髪の再生をもたらします。

髪の毛は本来、抜けるものです。毛髪には1本1本寿命があり、一定のサイクル(毛周期)に従って成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新たな髪が生えてくるということを繰り返しています。正常な毛髪サイクルが保たれていれば、薄毛になることはありません。ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンがこのサイクルを乱すことが、AGAの最大原因とされています。DHTは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって変化したもので、DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせます。プロペシアには、5αリダクターゼに対する抑制力があり、頭皮に多ければ多いほど薄毛発症のリスクが増大するといわれているDHTの増加の抑制にもつながっています。DHTが薄毛を進行させる影響力は、一般的な男性ホルモンの5倍〜10倍にもおよぶことから、DHTの抑制なくして効果的な育毛や発毛は有り得ないといえます。
また、5αリダクターゼにはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼの2種類が存在し、最近の研究において特に、Ⅱ型5αリダクターゼが薄毛の進行や発毛不全に強い影響力をもつことが分かってきました。Ⅱ型5αリダクターゼは、ひげと前頭部(生え際)のみに集中して存在し、毛髪においては毛根部の毛乳頭に多く存在しています。一方、Ⅰ型5αリダクターゼは、毛髪に限らずひげをはじめとした体毛全般に広く存在しています。頭髪における育毛や発毛を考えた場合、やはりⅡ型5αリダクターゼの毛乳頭への悪影響は見過ごせません。全身に関わるDHTのうち、70%はⅡ型5αリダクターゼの影響によって分泌されたものといわれています。前頭部からの薄毛、いわゆる生え際(M字)型の薄毛の場合、Ⅱ型5αリダクターゼの影響を強く受けていることが考えられることから、生え際(M字)型の薄毛に対しては、Ⅱ型を抑制する、プロペシアの育毛・発毛作用が期待されます。
反対に、頭頂部型や両型(生え際と頭頂部)、全体型(両型に加え、こめかみや後頭部)の薄毛については、プロペシアも期待するほどの育毛・発毛効果は得られないかもしれません。対処法としては、Ⅱ型5αリダクターゼの抑制に限らず、Ⅰ型5αリダクターゼの抑制や血行促進、ストレス軽減に努める、などの多角的な薄毛・育毛対策が必要となります。

■薄毛になる原因物質
プロペシアの作用メカニズム
 

女性や子供さんには深刻な影響が懸念されるため、プロペシアの取り扱いには厳重な管理が必要です。

 
プロペシアは、あくまでも成人男性を対象に認可された医療用医薬品であり、女性の薄毛については育毛効果・有効性は認められていません。医学的にも危険とされており、特に妊産婦や妊娠の可能性のある方は決して服用されないよう、ご注意ください。プロペシアの有効成分フィナステリドは体内の男子の生殖器異常を引き起こす可能性が指摘されています。また、プロペシアは子どもの使用についても安全性が確認されていません。子どもが不用意に錠剤に触れる事故が起きないよう、取り扱いにおける厳重な管理と注意が必要です。
 

万が一、副作用が見られた場合は速やかに当院にご相談ください。

 
一般的には、男性が用法用量を守って服用した場合、副作用が起こることは稀であるといわれています。しかし「勃起不全」「性欲減退」「性交後の精子減退」といった症状が現れた場合は、仮に育毛効果が認められたとしても、速やかに当院にご相談ください。
上記のような軽度の症状であれば、服用を中止すればほとんどの場合において改善します。同様に、プロペシアの成分に対してアレルギーのある方、肝機能に障害のある方は、事前にご相談ください。
 
■プロペシア服用に伴う副作用
● 勃起不全
● 性欲減退
● 性交後の精子減退

このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。

初めての方へ
保険適用について

ムダ毛の悩み

髪の悩み

肌の悩み

顔の悩み

ボディの悩み