毛髪再生(グロースファクター)

薄毛の原因「成長因子の不足」を補い
毛髪の成長シグナルを正常化。

男性ホルモンの影響、ストレス、栄養不足など、薄毛の原因はさまざまですが、いずれの場合にも関わっているのが、「成長因子」不足です。成長因子とは、動物の体内において特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称で、細胞間の信号物質としての役割をもっています。毛髪の成長因子が不足すると、毛髪の細胞増殖を促すシグナルが止まり、毛髪の成長と再生は止まります。これにより、薄毛が進行するのです。そこで、成長因子を補うことで、止まってしまったシグナルを正常に戻すことにより、薄毛の進行を阻止するのが、グロースファクター(成長因子)による毛髪再生です。

薄毛も、脱毛症も、再生医療技術で毛髪再生させる時代です。

グロースファクター(成長因子)による毛髪再生治療は、薄毛の大きな要因である「成長因子の不足」に着目し、世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。成長因子を直接頭皮に塗布することで補い、毛髪成長シグナルを正常に戻すことにより、さまざまな薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。非常に手軽で、苦痛もありません。当院で使用しているグロースファクターは、再生医療の先駆企業である米国BENEV社製を使用しており、医療機関でのみ使用が許可されている薬剤です。この薬剤は、従来の毛髪再生注入治療で使用されていた幹細胞由来の成長因子に比べ、多種類・多量の成長因子が豊富に配合されており、多くの実績を持つ製品です。

「成長因子」が毛母細胞を活性化させる。
健全な毛髪を生み出す仕組み。

毛髪のもととなる毛母細胞をはじめ、ヒトの細胞は、常に周りの細胞にシグナルを出す一方、血液や体液から、そのシグナルに反応して届けられた物質を取り込んで成長しています。近年、薄毛、抜け毛、AGA(男性型脱毛症)など、毛髪の活力が失われて髪の悩みを持つ方が増えています。これは、毛髪が成長するために必要な栄養が不足してしまっていることが、最大の原因です。これに対する最も有効な対処方法は、不足した栄養を直接補充することです。グロースファクター(成長因子)による毛髪再生療法は、毛母細胞にグロースファクター(成長因子)を与えます。成長因子が細胞間のシグナルの代わりをすることにより、毛髪に栄養を呼び込むのです。一度元気になった毛母細胞は、生活環境を整え正しいケアを行なうことで、健全な毛髪を育成できるようになります。再生された毛髪は、毛母細胞から定期的にシグナルを出し続けるため、長期にわたって健全な発毛周期を繰り返すことが可能になります。

患者さまの負担を最小限に抑えた
グロースファクター(成長因子)による治療方法

ダーマスタンプによる薬剤注入

初めに、頭皮に塗るタイプの麻酔かブロック麻酔を行います。麻酔によって、治療中はほとんど痛みを感じなくなります。次に、液状の成長因子カクテルを頭皮の薄毛が気になる部分に塗布します。その後、極微細のステンレススチール製針がついた医療用スタンプ(ダーマスタンプ)を頭皮に軽く押し当てていきます。このスタンプによって頭皮に開けられた無数の極めて小さな穴から、毛根周辺まで成長因子カクテルを浸透させていきます。
 

フラクショナルレーザーによる薬剤注入

フラクショナルレーザーで極細レーザーを頭皮に照射し、その後、グロースファクターを塗布します。皮膚の表皮から真皮に極めて小さな穴が開くことによってグロースファクター(成長因子)が浸透しやすくなり、高い効果が得られます。1回の治療時間は10~20分です。施術後、少し赤くなりますが腫れは少なく、ほとんどの方は翌日にはおさまります。頭皮の状態にもよりますが、1ヶ月おきに行なう4~6回の施術で効果が現れてきます。グロースファクター(成長因子)を浸透させたあとに活性因子が産出され、毛母細胞が再生し、健全な発毛周期へと回復していきます。グロースファクター再生療法は、一定期間継続していただくことによって効果が現れてきます。状態により個人差はありますが、約3回で発毛効果を実感される方が多くいらっしゃいます。

治療回数・治療期間

このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。