脂肪吸引

腹部、臀部、太もも、二の腕など
気になる部分の脂肪を直接体外に排出します。

脂肪吸引は、カニューレ(吸引管)によって、気になる部分から直接脂肪を除去する痩身法です。皮膚に穴をあけて直接脂肪を摘出するため、痩せたい部分を確実に細くすることができます。レーザーや高周波によるメタボリック改善は、脂肪を分解したり燃焼させたりすることで体外に排出します。これに対して脂肪吸引は、脂肪細胞そのものを吸引して体内の脂肪を減らします。脂肪細胞の数が減ると体は脂肪を溜めにくくなるため、スリムになるだけでなく、リバウンドしにくい身体になるのです。
脂肪吸引を成功させるためには、経験豊富な医師に施術を行ってもらうことが重要です。脂肪吸引は医師の経験・技量によって仕上がりに大きく差が出るといわれており、経験不足の医師では脂肪除去のバランスが悪く、術後にデコボコになってしまうこともあります。また、経験不足の医師によって死亡事故につながる ケースが近年でも報告されています。医師の技量によって深刻なトラブルを引き起こす可能性がある治療だからこそ、 経験豊富な医師に施術を行ってもらうことが何より重要です。

脂肪を蓄積する細胞も吸い出して減らすことで
リバウンドしにくい身体に。

食事をすると、私たちの身体は、意思とは関係なく食物を消化し、栄養を体内に吸収します。それらは、臓器や筋肉などの活動エネルギーとして消費されたり、身体組織を形成する原料となったりします。しかし、体内に吸収された栄養の一部は、脂肪細胞に蓄えられていきます。太ったり痩せたりするのは、この細胞が脂肪を溜めて大きくなったり、脂肪が減って小さくなったりすることから起きる現象です。この細胞ごと脂肪を体外に排出してしまうのが、脂肪吸引治療です。
一般的なダイエット(食事制限)では、脂肪細胞の数を変えることはできません。このため、脂肪分が多い食事をしたり、運動不足で体内に取り入れたエネルギーをうまく消費できないと、すぐに脂肪が溜まってしまうのです。また、過度な食事制限を行うと、脂肪細胞は飢餓状態となり、過剰に脂肪を溜め込もうとします。こうしたことから、通常の食事制限では、リバウンドが起こりやすくなります。しかし、脂肪吸引は、脂肪を溜め込む場所(脂肪細胞)が減ってしまうため、リバウンドがしにくいのです。
また、吸引したい場所を自分で選ぶことができることや、効果をすぐに実感できることも、脂肪吸引の大きな特徴です。

高い技術と丁寧な施術でメタボリックを改善し、
スリムアップも実現します。

当院では、主に2種類の脂肪吸引治療を行っています。
 
●シリンジ法
シリンジ法は、カニューレなどの吸引管を使用せずに、注射器で丁寧に脂肪を吸い出す方法です。この方法は、深い位置の脂肪を除去することが可能で、手作業により、数CCレベルでのきめ細かな吸引や、 脂肪吸引量の正確な計測も可能です。また、皮下組織や血管などの他の組織を傷つけることなく吸引ができ、出血や痛みなども少なく、術後の回復も早いこともこの方法のメリットです。
ただし、大量の脂肪吸引が必要になる方やお腹、太ももなどには不向きです。 また、シリンジ法は深い部分の脂肪吸引に効果的ですが浅い部分にはあまり向いていません。また、シリンジ法は医師の技術が大きく関係する治療法です。高度な技術を持っている医者でなければシリンジ法は行えません。
 
●チューメセント法
現在、標準的な脂肪吸引の手術法とされているのが、チューメセント法(ハイパーウエット法)です。チューメセント法(ハイパーウエット法)は、脂肪吸引を行う前に、皮下に生理食塩水を大量に注入し、脂肪細胞をやわらかくふやかします。生理食塩水が注入されていることで、カニューレの操作もしやすく、出血も抑えることができ、比較的大量の脂肪を吸引することが可能です。また、皮膚の深い場所にある脂肪を吸引するため、皮膚表面が凹凸になることも少なく済みます。
 
fat_4
 

部位ごとの施術方法

 
【ふくらはぎ】
ふくらはぎは、膝(ひざ)の裏や足首のしわに沿った目立たない部分から吸引します。 ふくらはぎの脂肪吸引では、2ミリ前後の細いカニューレを使います(ふくらはぎは脂肪層が薄いため、 細いカニューレが適しています)。
 
【太もも】
太ももは、前面は足の付け根部分、後面は臀部(お尻の下のくぼみのしわに沿った部分)から吸引するのが一般的です。太ももの脂肪吸引では、3ミリ前後の太さのカニューレを使います。
 
【臀部】
臀部は、通常お尻の下のしわのラインに沿った部分から吸引します。 使用するカニューレの太さは3ミリ前後です。臀部は、一度に脂肪を除去しすぎるとかえって垂れて見えることがあります。
 
【腹部】
腹部は、わき腹、へそ、足の付け根のしわに沿った部分などから吸引します。 使用するカニューレの太さは3ミリ前後です。一度に2000CCまでの脂肪吸引を行うことができます。
 
【二の腕・上腕】
二の腕は、通常はひじのしわに沿った目立たない部分から吸引します。使用するカニューレの太さは2~3ミリほどです。
 
【フェイスライン(アゴ下、頬)】
顔は、耳の付け根の目立たない部分から吸引します。顔の脂肪吸引は、2ミリほどの細いカニューレを使用します。顔は左右対称にバランスよく脂肪吸引することが求められる部分であるため、時間をかけてゆっくり丁寧に吸引します。

脂肪吸引では、安全性を考慮して全身麻酔は行いません
静脈麻酔と硬膜外麻酔を併用します。

脂肪吸引治療は必ず麻酔を用います。当院で脂肪吸引治療の際に行っている麻酔は、意識があるままの麻酔と眠ってしまう麻酔の2つに大きく分けられますが、日帰りで受けられる脂肪吸引の手術には全身麻酔は用いません。局所麻酔を中心に静脈麻酔、硬膜外麻酔などと組み合わせ、最小限に抑えます。患者さまが不安や苦痛をできるだけ感じることなく、なおかつ安全性を考慮した方法を選択いたしますので、ご安心ください。

このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。