ひげ脱毛

ひげ脱毛

濃い髭(ひげ)のケアに時間とお金がかかって大変!カミソリの使い過ぎで肌が荒れて、つらいし見た目も悪い。 やっかいな髭(ひげ)を医療レーザーでスッキリ脱毛!

 

半永久的に続く髭(ひげ)との悪戦苦闘は肌荒れやニキビ悪化の要因にも

日本人は、世界的に見ると髭(ひげ)が薄いほうだと言われています。しかし、だからこそ、濃い髭(ひげ)に悩む方は、なかなか理解されず悶々としているのではないでしょうか。髭(ひげ)は、もともとの体質はもちろん、ホルモンバランスにも大きく影響されます。男性ホルモンが多いと、髭(ひげ)も濃くなる傾向にありますが、一時的に男性ホルモンが非常に多くなっている場合もあれば、生まれつき男性ホルモンの分泌が多い場合もあります。生まれつきの方は、人生のかなりの部分を濃い髭(ひげ)とつきあっていかなければならないわけです。いくら髭(ひげ)を剃っても、夕方には顎のあたりが青くなってきたり、強引な髭(ひげ)剃りで肌荒れを誘発したり、ニキビを悪化させたりと、自分でできるケアには限界があります。時間とお金を費やし続けて悪戦苦闘するよりも、脱毛で根本から解決してはいかがでしょうか。

アイリス美容外科の治療

間引く脱毛や時間をかけての脱毛にも対応。
お悩みに添いつつ慎重に治療いたします。

当院では、医療レーザーを用いて髭(ひげ)脱毛を行います。医療レーザーは、エステサロンなどで使われているフラッシュ脱毛に比べてレーザー出力が高く、より確実な脱毛が行えます。また、皮膚にダメージを与えることがなく、処置時の痛みもほとんどありません。髭(ひげ)の毛質を選ばないため、どなたも施術が可能です。
医療レーザーによる髭(ひげ)脱毛は、一度抜くと、ほぼ永久に生えてきません。そのために脱毛するのですが、万が一、再び髭(ひげ)を生やしたいと思ってもそれはできません。このため当院では綿密なカウンセリングを行い、そのほうが良いと判断した場合には、すべての髭(ひげ)を抜くのではなく、まずは間引く脱毛をお薦めする場合もあります。また、周囲に気づかれたくない方には、時間をかけて少しずつ処置するなどの配慮をいたします。患者さまのお悩みに寄り添いつつ、慎重な治療を行います。

治療メニュー
高出力の医療レーザーを用いて
クリニックならではの永久脱毛を行います。
医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、レーザーの中でも黒い色素にだけ集中する波長を利用した脱毛法です。黒い色素にだけ集中するため、光は表皮にダメージを与えることなく通過し、皮膚内部の毛根に到達します。そして、そこに熱が蓄積されることで毛根が焼かれ、ほぼ永久的な脱毛が期待できるのです。しかし、実は皮膚内の黒い色素は、毛根のみではありません。メラニンは皮膚全体に散在しています。こうしたメラニンには反応せず、毛根のメラニンだけに反応するのは、レーザー光線1ショットの持続時間が1000分の10秒以上である必要があります。医療レーザー脱毛機器はこの条件をクリアしたものであり、確かさと高い安全性を有しているといえます。
しかし、レーザーで永久脱毛をしたはずなのに、再び髭(ひげ)が生えてくるケースが、ないわけではありません。その原因としては、以下の3点が考えられます。
 
①適切な医療レーザー脱毛機器を使用していない。
②適切な出力で処置していない。
③毛のサイクルにあった毛根を処置していない。
 
①は日本人の毛髪に合ったレーザー機器(アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーの2種)であることが重要です。当院では、アレキサンドライトレーザーを使用しています。
②については、施術時に患者さまの肌の色や毛質によって適切な出力を選ぶ必要があります。出力が弱いと脱毛しきれず、強過ぎるとシミや施術跡が残ってしまうのです。このため、出力調整には経験豊富な医師の判断が必要です。
③については、処置回数が少なかったり処置間隔が短いと起きるケースです。毛には成長期と休止期があり、休止期にレーザーを当てても反応する黒い部分がないため、脱毛効果が得られません。このため、処置と処置の間は1~2ヶ月あけ、最低5回は処置する必要があります。

beard_removal_6

このページの上部へ戻る
カウンセリング予約はこちらから
ひげ脱毛 Q&A
Question 痛みや腫れはありますか?
Answer 照射時に輪ゴムではじいた程度の痛みがあります。ご希望によって麻酔クリームを塗布いたしますので、痛みに敏感な方はご相談ください。また、処置後は赤みや腫れが出ることもありますが、数時間で治まります。万が一、腫れが引かないときは、すぐにご来院ください。適切な処置をいたします。
Question 皮膚へのダメージや感染症の心配はないのですか?
Answer 医療レーザーは、毛根のメラニンにのみ反応する出力で行うため、皮膚にダメージを与えることはありません。ただし、機器の扱いが適切でない場合にはヤケドをする可能性がありますので、経験豊富な医師による処置をお薦めします。 また、医療レーザー脱毛は、ニードル法のように針を差し込むようなことはありませんので、感染症の心配もありません。
Question 完全に脱毛できるまで、何回くらいかかりますか?
Answer 体質などによっても異なりますが、一般的には5~6回で完了します。髭(ひげ)が生えるサイクルに合わせてレーザーを照射するのが一番効率的であるため、処置と処置の間は1~2ヶ月あけてください。
Question 処置するときに気をつけることはありますか?
Answer まず、アルコール(飲酒)は処置前日・処置当日とも控えてください。
処置をした日は、洗顔は洗顔料を使わず、ぬるま湯で汚れを流す程度にしてください。洗顔後は、清潔なタオルで顔を押さえるように水気を拭き取ります。ゴシゴシこすって刺激を与えないように気をつけましょう。髭(ひげ)剃りもNGです。入浴は、湯船に入らずシャワーで汗を流す程度にしてください。2日後からは、洗顔料を使った洗顔、髭(ひげ)剃り、湯船に入る入浴のほか、温泉、サウナ、プールなどもOKです。
価格表
医療レーザー脱毛
ひげ 1回 20,000円
6回 100,000円
顔全体 1回 20,000円
11回 200,000円
このページの上部へ戻る
患者さまにご納得いただけない治療を、無理にお薦めすることはありません。
知りたいこと、気になることは、何でもご遠慮なくご相談ください。