wakigatakan_page_main

 

わきが・多汗症に関する悩みを
根本的に改善する手術を保険適用で受けられます。

 

精神的に大きなストレスをもたらす
ワキガ・多汗症は保険で治療を


わきがとは、ワキの部分から独特のすっぱいニオイがする状態のことで、腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれます。症などの表現から病気のように思われがちですが、わきがは病気ではなく、あくまで体質です。
一方、多汗症とは、汗の分泌量が通常よりも多く出る症状のことで、こちらは厚生労働省から病気と認定されています。
わきが・多汗症は、日常のさまざまな場面において、ご本人をはじめ、周囲の方にも非常に気になる独特の強い臭気を放ちます。いくら制汗剤などを用いても時間がたてば臭いが出てきてしまうため、学生生活や会社勤務などの集団生活の場においては、その臭いが原因で必要以上に自信をなくして萎縮してしまったり、人間関係の悪化などにつながるケースもあります。そのため、わきが・多汗症の症状を持つご本人にとっては、精神的に大きな苦痛や問題の原因となり得る、軽視できない健康問題なのです。こうしたわきが・多汗症は、治療が可能です。
当院は保険医療指定機関なので、わきが・多汗症治療については、少ない手術費用負担(片ワキ/17190円~ 両ワキ/34380円~)での保険診療(治療)が受けられます。

 

わきがの原因

 

汗のニオイの原因はアポクリン腺
大量の汗の原因はエクリン腺


わきがは次のように起こります。ワキの下にある「アポクリン腺」から分泌された汗が、「エクリン腺」から分泌された水分を多く含む汗によってワキの下全体に広がり、それが皮脂腺から分泌された皮脂(脂分)とまざって、皮膚表面の雑菌によって分解されることで、独特の臭いを発します。
汗を分泌する汗腺には、「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2種類があります。わきがの原因となる「アポクリン腺」は、ワキの下に最も多く、そのほかにも乳輪、外陰部、外耳道など、体の限られた部位に存在します。「アポクリン腺」の汗は、タンパク質、糖類をはじめ、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など、臭いのもととなる物質を多く含んでいます。また、「エクリン腺」は全身の皮膚に分布しており、特にワキの下や手や足のひらに多くあります。エクリン汗腺の汗の成分は、99%の水と1%の塩分なので、臭いはほとんどありません。
一方、多汗症はエクリン腺分泌に基づく、ワキの発汗過剰で通常臭いには関与しません。しかし、ワキに浸潤環境(菌の好む湿った状態)を作ることにより細菌を増殖させ、間接的に臭いを増強させます。
そのため、わきがと多汗症の発汗機序は別個ですが、臨床的には明確に分類しないので、治療も両者に対して行うケースが多く見られます。

img_mekanizumu

 

院長が「わきが」であるかどうか
を直接診断します。


カウンセリングでは「わきが」であるかどうか、および臭いの程度を院長がいくつかの質問と臭いで判断します。カウンセリング前の食べ物・アルコール摂取・発汗量・ストレスなどでも大きく変化するため、カウンセリング日前は極力いつも通りに過ごしてくださるようお願いします。朝シャワーを浴びてしまったなど、いつもより臭いが少ないと感じた時は、臭いが気になった時に着用されていた衣服を、袋などで密封し持参されるのも良いでしょう。

▶わきがではないと診断した場合

臭いがしていても、わきがではなく、エクリン腺からの汗が分解された時の臭いや、腸や肝臓が弱った時に出る臭い、便秘の時に出る臭い、加齢臭などの場合もあります。わきが(でない場合は、保険治療ができません。精神的な発汗が多く、臭いが少ない方には、ボトックスや制汗剤である塩化アルミニウムの塗布をおすすめしています。

▶わきがであると診断した場合

ご本人の状況や治療に関するご希望をお伺いします。ワキのどの範囲まで処置するか、範囲が広くなるほど臭いも少なくなりますが、術後の合併症などのリスクも高まります。仕事や学校をどの位休めるか、どの程度安静にしていられるかなどによっても、治療方針が変わります。また、患者様によってワキの形状、ワキの皮膚の固さ、アポクリン線の数、アポクリン線の範囲、臭いの強さ、発汗量などに違いがあるので、患者様の状況にあわせた手術に関する説明とアドバイスを行います。

アイリスでは基本的には臭いでわきがの診断を行っていますが、アポクリン腺が多いかどうかを確実に判断できる試験切開をご希望の方は、3万円で承っています。

 

アイリス美容外科は、保険医療指定機関なので、
少ない手術費用負担での保険診療(治療)が受けられます

保険医療指定機関とは、厚生労働大臣の指定を受けた病院・診療所のことです。また、保険医療に適する疾患の場合、診療や手術などの一切が保険証(国民健康保険証、社会保険証など)を持参するだけで医療費が「保険適用の金額」で受診することができます。

片ワキ/17190円
両ワキ/34380円

※上記価格は、健康保険適用で3割負担の場合の手術費です。
※手術費のほかに、初診料、再診料、術前検査費用、術中・術後に使用する
 薬剤代等が別途かかります。これらはどの病院でも同様です。
 

諸経費を入れた治療費の目安は
●片側で約20.000円程度 ●両脇で約36,000円程度

※試験切開をご希望の方は30,000円