患者さまのご希望や施術内容に応じて
最適な治療法を使い分け、脂肪吸引の施術を行います。

当院では、患者さまのご希望や施術内容に合わせて最適な治療法を使い分けて施術を行っております。

 

シリンジ法

シリンジ法は、カニューレなどの吸引管を使用せずに、陰圧のかかる注射器で丁寧に脂肪を吸い出す方法です。表皮付近ではなく深い位置の脂肪を除去することが可能で、手作業により、数CCレベルでのきめ細かな吸引や、 脂肪吸引量を正確に測ることができるので、左右対称にできるなど、 プロポーションの微妙な調整も可能となり非常に美しい仕上がりが期待できます。
また、この方法のメリットは、皮下組織や血管などの他の組織を傷つけることなく吸引ができ、出血や痛みなども少なく、術後の回復も早いことなどです。
ただし、大量の脂肪吸引が必要になる方やお腹、太ももなどには不向きです。 また、シリンジ法は深い部分の脂肪に効果的ですが浅い部分の脂肪吸引にはあまり向いていません。また、シリンジ法は医者の技術が大きく関係する治療法です。高度な技術を持っている医者でなければシリンジ法は行えません。 当院では、シリンジ法による脂肪吸引も行っております。

shibou_kyuin_shirinji_01

チューメセント法(ハイパーウエット法)

シリンジ法は、カニューレなどの吸引管を使用せずに、陰圧のかかる注射器で丁寧に脂肪を吸い出す方法です。表皮付近ではなく深い位置の脂肪を除去することが可能で、手作業により、数CCレベルでのきめ細かな吸引や、 脂肪吸引量を正確に測ることができるので、左右対称にできるなど、 プロポーションの微妙な調整も可能となり非常に美しい仕上がりが期待できます。
また、この方法のメリットは、皮下組織や血管などの他の組織を傷つけることなく吸引ができ、出血や痛みなども少なく、術後の回復も早いことなどです。
ただし、大量の脂肪吸引が必要になる方やお腹、太ももなどには不向きです。 また、シリンジ法は深い部分の脂肪に効果的ですが浅い部分の脂肪吸引にはあまり向いていません。また、シリンジ法は医者の技術が大きく関係する治療法です。高度な技術を持っている医者でなければシリンジ法は行えません。 当院では、シリンジ法による脂肪吸引も行っております。

shibou_kyuinkan

 

【脂肪吸引治療の手術過程】

shibo1

 

 

少量の脂肪吸引をご希望の方には「シリンジ法」による脂肪吸引。
しっかり・確実な脂肪吸引をご希望の方には「チューメセント法」による標準的な脂肪吸引がお勧めです。

 

【部分別で見る脂肪吸引における吸引箇所】

ふくらはぎ・下腿
ふくらはぎの脂肪吸引では、膝(ひざ)の裏や足首のしわに沿った目立たない部分に穴を開けます。 ふくらはぎの脂肪吸引では、2ミリ前後の細いカニューレを使います(ふくらはぎは脂肪層が薄いため、 細いカニューレが適しています)。

太もも・大腿
太ももの脂肪吸引では、前面は足の付け根部分(ビキニラインのシワに沿った部分)、後面はお尻部分 (お尻の下の丸いくぼみのしわに沿った部分)に穴を開けるのが一般的です。太ももの脂肪吸引では、 3ミリ前後の太さのカニューレを使います。

ヒップ・お尻
お尻の脂肪吸引では、通常お尻の下の丸いくぼんだ部分(しわのラインに沿った部分)に穴をあけます。 使用するカニューレの太さは3ミリ前後です。ヒップは一度に脂肪を摂取しすぎるとかえって垂れて見えることがあります。

腹部・ウエスト
腹部の脂肪吸引では、腹部の横側、おへそ、足の付け根のしわに沿った部分などに穴をあけます。 使用するカニューレの太さは3ミリ前後です。一度に2,000CCまでの脂肪吸引を行うことができます。

二の腕・上腕
二の腕の脂肪吸引では、通常はひじのしわに沿った目立たない部分に穴をあけます。二の腕の脂肪吸引で使用する カニューレの太さは2~3ミリほどの太さです。

顔のアゴ下(フェイスライン)、顔の頬(ほほ)
顔の脂肪吸引では、耳の付け根の目立たない部分に穴をあけます。顔の脂肪吸引は、2ミリほどの細いカニューレを 使用します。顔は左右対称にバランスよく脂肪吸引することが求められる部分であるため、時間をかけてゆっくり 丁寧に吸引する必要があります。