ヒアルロン酸注入とは

ほうれい線や、しわ取りに。鼻や顎のプチ整形に。
きわめてカンタンで、即効性の高い若返り治療法です


ヒアルロン酸とは、アミノ酸と糖により合成されたムコ多糖類の一種で、皮膚や目、関節など、人間のカラダをつくる細胞中に細胞間物質として存在する保湿・弾力成分です。ムコ多糖類の「ムコ」には、ネバネバという意味があり、この粘りが保湿・弾力・柔軟性を支えています。ヒアルロン酸は、わずか1グラムで6リットルもの水分を保持することが可能です。体内の細胞をみずみずしく潤し、ハリ等をもたらす成分として優れた働きを発揮しています。
ヒアルロン酸は、皮膚の中では真皮層に存在します。コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めながら肌の柔軟性や弾力性を支える、いわばクッション的な役割を果たしています。しかし、赤ちゃんの頃から10代にかけてたっぷりあったヒアルロン酸は、20歳を過ぎるとその生成力が衰えます。さらに、加齢が進むと真皮層全体の機能が衰えていくため、クッション機能をはじめコラーゲンやエラスチンなどのスプリング機能が退化。その結果、肌全体が弾みを失いへたっていき、しわやたるみができやすくなります。
こうした加齢によって、どうしても出てきてしまう、目元のしわや目の下のクマ、目じり、眉間、額のしわ、ほうれい線、マリオネットラインの改善に、きわめて即効性の高い治療法が、ヒアルロン酸を外部から補うヒアルロン酸注入です。

s-hy_01

 

ヒアルロン酸注入の特徴について

施術時間わずか10分。しわ取りから、プチ整形、リフトアップまで、
安心・カンタン・確実に高い効果が得られます。


ヒアルロン酸注入が、人気の高い施術のひとつとなった大きな要因は、注射で気軽に受けられ、なおかつ即効性があることです。実際、ヒアルロン酸注入は、コラーゲンの約2倍の持続効果があり、アレルギーテストも不要など、安全性と効果の上でコラーゲン注入に代わるしわ取り治療法といわれています。
また、ヒアルロン酸注入は、しわ取りだけでなく、鼻、顎、フェイスラインなどに対するプチ整形でも高い効果を発揮します。目と目の間の鼻の付け根にヒアルロン酸を注入することで鼻筋が通り、顔に立体感が出ることで目も大きく見えます。また、鼻の横ジワが気になる方にもオススメです。それぞれ部位により深いしわ(鼻唇溝、前額、眉間、鼻背等)用と浅いしわ(目尻等)用のヒアルロン酸を使い分けます。その他、前額、眉間、目尻共にボトックス+ヒアルロン酸注入をされる方もいらっしゃいます(この場合、2週間の間隔を空けて注入)。個人差はありますが、ご高齢の方にはボトックスよりヒアルロン酸注入をお薦めします。
さらに、ヒアルロン酸注入は、たるみの治療にも大きな効果を出すことができます。頬の位置を上げて顔の輪郭を整え、リフトアップ。皮下脂肪の減少下垂をヒアルロン酸によってカバーすることも可能です。
こうした若返り術としてのヒアルロン酸注入は、いずれの施術時間も短く、5~10分程度で終了します。痛みもほとんどありません。その日のうちにお化粧もでき、安心・カンタン・確実にイメージアップが可能です。

ボトックスの詳しい説明はこちら>>

 

ヒアルロン酸注入の対象部位

目元、鼻、口、フェイスラインなど
幅広く対応できるヒアルロン酸注入の対象部位をご紹介します。


治療で使用されるヒアルロン酸は、内部に水分を豊富に含むジェル状の薬剤です。ヒアルロン酸はもともと皮膚内部(真皮層)に存在する潤い成分ですので、人体に悪い影響はありません。そのヒアルロン酸でしわや凹みの部分を内側から隆起させ、しわを伸ばしたり、ふっくらとした造形をかたちづくっていきます。ヒアルロン酸注入は、顔の上部のしわのほか、鼻や口の周辺など顔の下半分のしわを伸ばしたい方におすすめの施術です。ご希望の場所や肌の状態に適したヒアルロン酸の粘性ゲルをしわ(溝)に沿って注入し、へこんだ溝を平にします。注入直後に「しわが伸びた」という実感が得られるのもヒアルロン酸治療の魅力です。水分保水効果によりお肌がぐっとみずみずしくなると同時に、肌のハリ・弾力も蘇ります。半年ほどかけて徐々に吸収されていくため、定期的に注入するのが効果的ですが、途中でやめたとしてもダメージはまったくありません。

s-hy_02

<ほほ・こめかみ>

痩せたほほやこめかみのくぼみは、実年齢よりも老けた印象を与えます。ヒアルロン酸は、メリハリのある顔立ちも自在にデザインできます。気になる部分にヒアルロン酸を注入し、若々しく健康的な顔立ちへと変身させます。また、顔の印象がより女性的になるようなほほのラインをつくることも可能です。

<涙袋>

涙袋とは、表情にやさしくチャーミングな印象をもたらす目の下のふくらみ部分のこと。ヒアルロン酸注入は、そんなふくらみに憧れる方の希望も叶えます。使用するのは、最も粒子が柔らかいレスチレン・タッチ。ごく少量注入するだけで、目元がぐっと魅力的に変身します。

<鼻>

ヒアルロン酸を鼻背部(鼻すじ)や鼻先に注入して形を整えるプチ鼻整形です。違和感を感じることなく安心してお受けいただけます。少量を数回に分けて注入していくため、周囲に全く気づかれることなく自然で美しい仕上がりのノーズアップが可能です。

<ほうれい線>

ほうれい線とは、鼻の横から口のわきにかけての深いしわのこと。子供にもある自然なへこみですが、加齢でこのクボミが深くなり、非常に老けた印象になります。口周りから頬にかけてのたるみは、老け顔を作る最も大きな原因です。ほうれい線の修正にはヒアルロン酸注入が最も有効です。

<唇>

流行のぽってりとしたセクシーな唇や、ぷっくりとしたやさしい口元も実現可能です。知性的ではあるものの、中性的な印象になりがちな薄い唇で悩む方はもちろん、縦じわが目立つ唇を、ご希望どおりのスタイルで女性らしい魅力的な唇に仕上げます。

<顎>

ヒアルロン酸を注入し、顎をとがらせ手前に出すことで、よりシャープで魅力的な美しいフェイスラインが可能になります。口元がちょっと前に出ている、逆に顎がもう少しあれば等々、フェイスラインでお悩みの方のご希望をヒアルロン酸が叶えます。隆鼻術等他のプチ施術と同様、ノーダウンタイムの治療が可能です。

s-hy_03

 

ヒアルロン酸注入における施術ポイント

顔全体のバランスや陰影をコントロールする治療だからこそ
医師のセンスと腕が問われる治療です。


ヒアルロン酸を注射すると、肌が下から持ち上がります。これを利用して、しわやクボミを目立たなくしたり、お顔のラインを整えて顔の造形を美しくし、リフトアップします。言い換えると、ヒアルロン酸注入は顔の陰影をコントロールする治療といえます。
ヒアルロン酸注入は、ただ注射するだけの単純な治療ではなく、メイクと同じで、どの部分を高くして光を集めるか、どうしたら顔全体のバランスが良くなるか、といったセンスが問われる繊細な治療です。当院ではすべての患者様の注入治療を、院長が責任を持って行います。肌やしわの状態に合わせて製剤をチョイスし、注入する深さ、量などを決定します。
施術中も鏡をご覧いただき、患者様のご意見を伺いながら注射しますのでご安心ください。
また、注入したヒアルロン酸製剤を分解する分解注射もありますので、他院での治療に満足いかなかった方も、ぜひ一度ご相談ください。