グロースファクター毛髪再生療法:男女問わず毛髪再生できる最先端の再生医療について

AGA(男性型脱毛症)も、女性の薄毛も、
これからは毛髪再生させる時代です。


グロースファクター(成長因子)による毛髪再生療法は、薄毛の原因の大きな要因となっている”成長因子の不足”に着目し、世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。AGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛も、成長因子の不足により毛髪成長シグナルが止まってしまっていることが大きな原因です。グロースファクター(成長因子)による毛髪再生療法では、この成長因子を頭皮に補い、毛髪成長シグナルを正常に戻すことで、性別を問わず、さまざまな薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。治療においては、従来の毛髪再生注入療法よりも、多種・多量の成長因子が抽出・配合された薬剤を頭皮に浸透させていきます。グロースファクター(成長因子)の薬剤は、再生医療の先駆的企業である米国BENEV社製のものを使用しています。この薬剤は医療機関でのみ使用が許可されています。グロースファクター(成長因子)による毛髪再生療法は、男性のみならず、今まで治療法が少なかった女性の薄毛に対しても高い効果が期待できるのが特徴です。

 

なぜグロースファクター(成長因子)が必要なのか

健全な毛髪を生み出すために。
成長因子が毛母細胞を活性化する毛髪再生のしくみをご紹介します。


本来、毛髪のもととなる毛母細胞をはじめ、ヒトの細胞は常に周りの細胞にシグナルを出して血液や体液から栄養を取り込んで成長しています。しかし、近年では、薄毛、抜け毛、AGA(男性型脱毛症)など、毛髪の活力が失われ、髪の悩みを持つ方々がますます増えています。こうしたことは、なぜ起こるのでしょうか。それは毛髪が成長するために必要な栄養が足りなくなることが最大の原因です。最も効果的な毛髪再生法は、その栄養を直接補充することです。グロースファクター(成長因子)による毛髪再生療法では、毛母細胞にグロースファクター(成長因子)を与えます。成長因子が細胞間のシグナルの代わりをすることにより、毛髪に栄養を呼び込んでくれます。一度、元気になった毛母細胞は(もちろん、生活環境を整え正しいケアを行うことも重要ですが)、健全な毛髪を育成してくれます。さらに再生された毛髪は毛母細胞から定期的にシグナルを出し続けるため、長期にわたって健全な発毛周期を繰り返すことが可能になります。

 

グロースファクターによる毛髪再生治療法について

患者様の負担の少ないかたちで毛髪再生を実現。
グロースファクター(成長因子)による具体的な治療方法をご紹介します。


グロースファクター(成長因子)による毛髪再生治療では、2つの治療アプローチがあります。1つはダーマスタンプによる薬剤浸透(注入)、もう1つはフラクショナルレーザーによる薬剤浸透(注入)です。

●ダーマスタンプによる薬剤注入
まず、頭皮に塗るタイプの麻酔かブロック麻酔を行います。この麻酔によって治療中はほとんど痛みを感じません。次に、液状の成長因子カクテルを頭皮の薄毛が気になる部分に塗布します。その後、極微細のステンレススチール製針がついた医療用スタンプ(ダーマスタンプ)を頭皮に軽く押し当てていきます。この針によって頭皮には無数の極小さな穴が開けられ、そこから毛根周辺まで成長因子カクテルを浸透させていきます。

●フラクショナルレーザーによる薬剤注入
フラクショナルレーザーによるグロースファクター(成長因子)毛髪再生治療では、まず、1ヶ月おきに4~6回の施術を行います。1回の治療時間は10~20分です。施術では、フラクショナルレーザーにて無数の極細レーザーを照射します。表皮から真皮に極細の穴が開くことによりグロースファクター(成長因子)が浸透しやすくなり、高い効果が得られます。施術後、少し赤くなりますが腫れは少なくほとんどの人は翌日にはおさまります。治療効果は、頭皮の状態にもよりますが4~6回の施術で現われてきます。グロースファクター(成長因子)を浸透させた後、活性因子が産出され、毛母細胞が再生し、健全な発毛周期へと回復していきます。 グロースファクター再生療法は、一定期間継続していただくことによって効果が現れてきます。状態により個人差はありますが、約3回で発毛効果を実感していただくことができます。

治療回数・治療期間

クール
回数
治療期間
1クール 16回 1回~8回まで1~2週間に1回(約1ヶ月半~3ヶ月)
9回~16回まで2~3週間に1回(約3ヶ月~半年)
1/2クール 8回 1~2週間に1回(約1ヶ月半~3ヶ月)

 

グロースファクター毛髪再生は、女性の薄毛治療における強力な選択肢

薄毛治療に代表されるプロペシアは女性に使用できないなど
女性に適用できる薄毛治療は限られています。


女性は男性に比べ、グロースファクター(成長因子)による毛髪再生で効果が現れやすいといわれています。男性はAGAなど男性ホルモンの影響により薄毛になることが多いので、治療して生えた毛もその影響を受けて抜けてしまうことがあります。ところが、女性の薄毛の原因は男性と異なり、ストレスや老化、生活習慣によるものがほとんどであるため、男性ホルモンによる影響を受けにくく、早期の治療段階でも毛が生え揃うケースも見られます。また、特に女性の場合は、ストレスからくる円形脱毛症に悩むケースが多いのですが、以前は原因の消失を待つ他なく、脱毛症自体がストレスとなり、治療の妨げとなるケースも多々ありました。しかし、グロースファクター(成長因子)による毛髪再生は、薄毛、脱毛症の原因に関係なく、薄毛、脱毛を改善します。しかも、内服薬と比べてもグロースファクター(成長因子)による毛髪再生の方がはるかに効果も強く、効率も良いことが分かっています。

 

女性に対してより優れた有効性を発揮する理由について

男性ホルモンの影響を受けにくい女性は、
発毛効果を得やすいってご存じでしたか?


女性は男性に比べ、グロースファクター(成長因子)による毛髪再生で効果が現れやすいといわれています。男性はAGAなど男性ホルモンの影響により薄毛になることが多いので、治療して生えた毛もその影響を受けて抜けてしまうことがあります。ところが、女性の薄毛の原因は男性と異なり、ストレスや老化、生活習慣によるものがほとんどであるため、男性ホルモンによる影響を受けにくく、早期の治療段階でも毛が生え揃うケースも見られます。また、特に女性の場合は、ストレスからくる円形脱毛症に悩むケースが多いのですが、以前は原因の消失を待つ他なく、脱毛症自体がストレスとなり、治療の妨げとなるケースも多々ありました。しかし、グロースファクター(成長因子)による毛髪再生は、薄毛、脱毛症の原因に関係なく、薄毛、脱毛を改善します。しかも、内服薬と比べてもグロースファクター(成長因子)による毛髪再生の方がはるかに効果も強く、効率も良いことが分かっています。

 

グロースファクターによる毛髪再生のポイントについて

薄毛の原因”成長因子の不足”を補い、
毛髪再生に有効な成長因子配合の薬剤を使用。


男性ホルモンの影響やストレス、栄養不足など、薄毛の原因はさまざまですが、いずれも成長因子が不足し、毛髪の成長シグナルが止まってしまっているという点で、原因は共通しています。成長因子とは動物の体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称です。現在では細胞と細胞の間の信号物質として働くことが分かっています。この成長因子が不足し、毛髪成長シグナルが止まると、毛髪の成長・再生も止まり、薄毛が進行します。 つまり、薄毛治療のポイントは「成長因子」を補い、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことです。 グロースファクター(成長因子)による毛髪再生では、従来の毛髪再生注入治療で使用されていた薬剤に比べ、多種類の成長因子を豊富に含む、実績のある製品を使用しています。従来の注入療法に含まれる幹細胞由来の成長因子よりも、多種・多量の成長因子が抽出・配合されています。