フェザーリフトとは

皮膚を切らずにたるみやシワを改善するのが、フェザーリフト。
傷をつくりたくない方やお時間が取りにくい方には、特におすすめです。


フェザーリフトとは、特殊な糸を使用したフェイスリフトです。加齢による皮膚のたるみやシワは、肌表面のハリの改善や繊維芽細胞の活性化だけでは改善が困難です。このため、従来は、皮膚や筋膜をいったん剥がして以前あった位置に戻すことにより、若返りを実現してきました。この方法は、劇的な改善が望めますが、痛みや腫れが引くまでのダウンタイムが数週間と比較的長期間であるため、お仕事などでまとまった休みが取りにくい方は、なかなか実行できない方法でした。また、たるみ・シワ改善はやりたいけれど、メスで皮膚に傷をつけるのは抵抗がある…という方も少なくありませんでした。
フェザーリフトは、これらの問題をすべて解決するフェイスリフトです。特殊な糸を用いることで、皮膚を切ることなく、たるみやシワを改善します。使用する糸の種類などにより、いくつかの施術方法があります。

 

フェザーリフト:アプトスの特徴と適用

リフトアップとコラーゲン生成を促すアプトス糸で、
切らずにたるみを引き締め、高いアンチエイジング効果を実現します。


フェザーリフト:アプトスは、ポリプロピレン製の特殊な糸を使用して、たるみやシワを改善する施術方法です。この糸の材質は、従来から外科手術などで幅広く使用されてきたものであり、極めて高い安全性が認められています。この糸を皮膚の下に通し、たるんだ皮膚・筋膜・皮下組織を引きしめることで、皮膚を切ったり剥がしたりすることなくリフティング効果を得ることが可能になりました。
フェザーリフト:アプトスに用いるアプトス糸には、特殊な形状をした毛羽立ちがあり、この毛羽立ちが皮膚を持ち上げ、繊維芽細胞に刺激を与えます。これにより、物理的なリフトアップと同時に、コラーゲンの生成を促し、生理学的にもアンチエイジングを実現するのです。具体的な施術方法としては、まず、局所麻酔を施し、その後に専用の針を使ってアプトス糸を挿入する孔を開け、アプトス糸を通します。所要時間は、通常、アプトス糸の挿入1本あたり2~3分程度です。ご希望のリフティング内容によりますが、通常は片側3本程度を使用します。
フェザーリフト:アプトスは、目の下のたるみ、頬、眉、下顎のたるみのほか、従来は難しかった首まわりのたるみなどの改善にも効果的です。また、バストのつりあげにも有効な施術です。無料カウンセリングでは、患者さまの状態を見させていただき、最適な方法をご提案いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

skin-img05

 

フェザーリフト:ワプトス(ダブルトーシス)の特徴と適用

特にたるみ度合いが大きい場合に最適なのが、ワプトス糸。
抜群のリフティング効果と若々しいハリがよみがえります。


<ワプトス(ダブルトーシス)とは>
加齢によるたるみの度合いが大きい場合は、上方から吊り上げるワプトス(ダブルトーシス)をおすすめします。ワプトス(ダブルトーシス)は、アプトスと同様、皮膚を切ることはありません。特殊な針と特殊な糸(ワプトス糸)を用いて、たるみ、シワを改善します。原理としては、髪の毛をアップにして頭皮を引き上げると、顔の側面が引き上がってたるみがなくなるのと同じです。頬から下顎にかけてのフェイスラインや、頬のたるみには特に有効であるほか、鼻から口元にかけてのシワ(ほうれい線や鼻唇溝)が浅くなり、頬の輪郭にハリがよみがえり、若々しい印象になります。また、目尻のたるみを引き上げることもできます。

<ワプトス糸について>
ワプトス糸は、アプトス糸と同様ポリプロピレンという材質からできています。ポリプロピレンは、心臓血管外科などでも採用されている安全性の高い材質で す。また、ワプトス糸は、両端から中央に向かって特殊なギザギザの毛羽立ちがあります。この毛羽立ちが皮下組織をしっかりと保持し、たるみを引き上げるの です。施術後は、糸の周囲には繊維組織が形成されるため、糸の強度以上の保持力が期待でき、長時間持続される効果があります。

<ワプトス(ダブルトーシス)の施術について>
ワプトス(ダブルトーシス)は、少量の局所麻酔を使用しますが、皮膚を切開することはありません。所要時間も通常は30分程度と短時間で、直後から若返り 効果を実感できます。ほとんどが頭皮内での処置になるため、顔の部分は手術直後であっても全く腫れません。施術直後は、ワプトス糸を入れた毛髪生え際にエ クボ状のへこみが生じますが、時間とともに平らになってきます。洗顔は施術翌日から、洗髪は翌々日から、顔のマッサージは約1ヵ月後から可能です。施術後 3~4週間で、糸の周りにコラーゲン線維が産生され効果が定着しますが、この間、シワなどは若干元に戻りますので、希望よりも強めに引き上げることをおす すめします。

skin-img04

 

その他の施術方法について

より若々しさを手に入れたい方のために。
ご要望に応じて、その他の施術との組み合わせプランもご提案いたします。


フェザーリフトは、アプトス、ワプトスのいずれも、糸の刺入部位や本数は、たるみやシワの状態や、患者さまが気になる場所によって、まさにオーダーメード感覚でご要望をうかがうことが可能です。また、患者さまお一人おひとりの状態によっても、皮膚を引き上げる方向や強さが異なります。さらに、必要とご要望に応じて、フェザーリフトとボトックス注入、ヒアルロン酸注入との組み合わせも有効です。このため、アイリス美容外科では、無料カウンセリングを行った上で施術を決定していきます。何でもお気軽にご相談ください。

なお、フェザーリフト以外の「切らないフェイスリフト」として、より高い効果が期待できるエンディメッドPROの施術も可能です。

skin-img

エンディメッドPROの詳しい説明はこちら >>

fezer_button

masuini_tuite_button

waki_button4