切開法(部分切開法)について

重たい瞼(まぶた)の方、
幅広の二重にしたい方のために。


【切開法(部分切開法)とは】
瞼(まぶた)が厚ぼったい方やたるみが多い方、幅広の二重のラインを希望される方の場合、切開法の方が自然な二重に仕上がります。
当院では、上瞼(上まぶた)の切開に加え、皮下組織を全域にわたって除去する非常に確実性の高い術式で治療を行います。

  • ●切開法:二重まぶたのラインになる部分全体にメスを入れます。
  • ●部分切開法:二重まぶたのライン上を数ミリ程度切ります。

※アイリス美容外科では、無理に二重術(埋没法)の治療のみで済む方に切開法(部分切開法)の手術をお勧めすることはありません。

■切開法(部分切開法)治療イメージ

切開法治療イメージ

カウンセリング診断の結果、埋没法ではすぐに一重まぶたに戻ってしまう可能性がある方や、瞼(まぶた)の厚さや状態によって埋没法では困難と判断した方、また、くっきりはっきりと二重まぶたのラインを残したい方には切開法(部分切開法)をお勧めします。切開法(部分切開法)には、二重まぶたのラインになる部分全体にメスを入れる切開法と、二重まぶたのライン上をほんの数ミリ程度切る部分切開法の2種類があります。いずれの方法も、傷跡が目立たず自然な仕上がりになります。また、どちらも一重に戻ってしまうことは、まずありません。二重手術の切開法(部分切開法)は、瞼(まぶた)の皮膚がたるんでいる人や脂肪が多く、腫れぼったい感じの人に適している方法です。この手術法は、二重にするために邪魔なたるんだ皮膚や、多すぎる皮膚や筋肉を、取り除きます。また、メスを入れることで、好みの二重になることが可能になります。直線的な二重だけでなく、内側を広くしたり、外側を広くするようなことも可能です。この方法で余計な皮膚を取り除くと、眉毛がそれまでの位置よりも少し下がります。これだけでも目元の印象がだいぶ違ってきます。
切開法(部分切開法)を受けた後、腫れがある程度治まるまでには、数日から人によっては1週間程度の期間が必要となります(※個人差があります)。
切開法(部分切開法)の一番のメリットは一重に戻りにくいことです。しかし、逆をいえば、埋没法などと比べると、簡単に変更したり、戻したりすることができない施術でもあるため、当院では事前のカウンセリングで十分なシミュレーションを行い、理想の二重ラインをご提案し、ご納得いただいた上で、施術を進めていきます。

 

目の上のたるみ取り治療について

瞼(まぶた)のたるみを取ることで、
目元に若々しさを取り戻す。


【目の上のたるみ取り治療とは】
瞼(まぶた)の皮膚がたるんでしまった方の場合には、目の上のたるみ取り手術が適しています。たるみを取り除き、以前の若いころの二重に戻します。
また、瞼(まぶた)の厚ぼったい方の場合は、同時に脂肪を取り除けば、よりスッキリした瞼(まぶた)になります。

■目の上のたるみ取り治療イメージ

eye_up2

「以前ははっきりした二重まぶただったのに、年と共に目の上がたるんできて目の形が変わってきた」「目尻の垂れが目立ってきた感じがする」「疲れてないのに疲れたような印象を持たれる」「以前よりも瞼(まぶた)が重い感じに見えてしまう」など、上瞼(上まぶた)のたるみの影響によって気になる症状は人さまざまです。
アイリス美容外科のたるみ取り治療は、たるみの原因である余分な皮膚や余分な脂肪を取り除き、元の状態に戻すことを目的としています。手術を受けるなら、はっきりとした目にしたいという方は、二重まぶたのライン幅を変更することも可能ですし、元の状態に戻せれば十分という方は控えめに調整することも可能です。「たるみ取り手術までは受けたくない」という方の中には、現状より上瞼(上まぶた)のたるみが改善されれば良いということで埋没法を希望される方がいらっしゃいます。しかし、こうしたケースではたるみそのものの原因解決を行っていないため、すぐに元に戻ってしまうことがほとんどです。そのようなことを避けるためにも、当院では明らかにたるみがある患者様には、まずはその原因となっているたるみの治療をお勧めしています。

ヒアルロン酸注入が、人気の高い施術のひとつとなった大きな要因は、注射で気軽に受けられ、なおかつ即効性があることです。実際、ヒアルロン酸注入は、コラーゲンの約2倍の持続効果があり、アレルギーテストも不要など、安全性と効果の上でコラーゲン注入に代わるしわ取り治療法といわれています。
また、ヒアルロン酸注入は、しわ取りだけでなく、鼻、顎、フェイスラインなどに対するプチ整形でも高い効果を発揮します。目と目の間の鼻の付け根にヒアルロン酸を注入することで鼻筋が通り、顔に立体感が出ることで目も大きく見えます。また、鼻の横ジワが気になる方にもオススメです。それぞれ部位により深いしわ(鼻唇溝、前額、眉間、鼻背等)用と浅いしわ(目尻等)用のヒアルロン酸を使い分けます。その他、前額、眉間、目尻共にボトックス+ヒアルロン酸注入をされる方もいらっしゃいます(この場合、2週間の間隔を空けて注入)。個人差はありますが、ご高齢の方にはボトックスよりヒアルロン酸注入をお薦めします。
さらに、ヒアルロン酸注入は、たるみの治療にも大きな効果を出すことができます。頬の位置を上げて顔の輪郭を整え、リフトアップ。皮下脂肪の減少下垂をヒアルロン酸によってカバーすることも可能です。
こうした若返り術としてのヒアルロン酸注入は、いずれの施術時間も短く、5~10分程度で終了します。痛みもほとんどありません。その日のうちにお化粧もでき、安心・カンタン・確実にイメージアップが可能です。

ボトックスの詳しい説明はこちら>>

【上瞼(上まぶた)のたるみ取りの手術方法】

  • 座った状態でたるみ度合いを測定し、たるみ部分に印を付けます。
  • 麻酔後、たるみ部分を取り除き、たるみが解消したことを確認して縫合します。二重まぶたのライン幅を変更する場合は、同時に二重まぶたの手術を行うようにしますし、余分な脂肪で目が腫れぼったく見える方は脂肪も取り除くことが可能です。
  • 手術時間は両目で1時間30分ほどで終了します。局所麻酔を行うため、痛みや不安の心配はありません。

 

上瞼(上まぶた)の脂肪取り治療について

上瞼(上まぶた)の脂肪を除去すると
目が大きくなり、スッキリとした印象に。


【上瞼(上まぶた)の脂肪取り治療とは】
瞼(まぶた)の腫れぼったさの原因である脂肪を取り除き、瞼(まぶた)をスッキリさせる施術方法です。 脂肪を取り除くことで、開眼しやすくなり、目もパッチリします。 瞼(まぶた)が「ぷよぷよ」と腫れぼったい方、寝起きの瞼(まぶた)のむくみが強く、夜よりも朝、目が開けにくい方に適しています。

垂れ下がった瞼(まぶた)のせいで、怖い、眠そう、老けている、と悪印象を持たれてしまうとお悩みの方も、瞼(まぶた)から余分な脂肪を取り去ることで、若々しくチャーミングな目元に変われます。しかも、一度脂肪を除去した部分は脂肪が付きにくくなるので、半永久的に美しい目元が維持できます。 さらに、瞼(まぶた)のたるみが気になる方は、同時にたるみ取りを行うとより高い効果が得られます。 上瞼(上まぶた)の脂肪は、目をたるませ、常に眠たそうに見えてしまいます。さらにこれがたるんで下がってくると、いつも疲れているように見られ、実年齢よりもはるかに老け込んで見えてしまいます。上まぶたの脂肪取りは、二重のラインに添って少し切開し、脂肪を丁寧に除去します。30分程度の施術時間で、膨らみの原因である脂肪を取り除き、すっきりと若々しい表情を取り戻せます。具体的には、上まぶたを数ミリ(二重の方は二重のラインに沿って、一重の方はまつ毛の生え際のすぐ近くを)切開し、そこから余分な脂肪を取り除きます。一重の方は同時に二重にすることも、一重のまま脂肪だけを取り除くことも可能です。 会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の施術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の施術をするなど、柔軟な対応も行っています。切開するのはごく一部のため、手術後の腫れや傷跡の心配はほとんどありません。アイメイクや洗顔は、手術当日から可能です(※腫れの程度には個人差があります)。上瞼(上まぶた)に脂肪が溜まることで疲れたり、老けたり、怖そうな印象を与えてしまいます。それを改善するのが、上瞼(上まぶた)の脂肪取りなのですが、美しく仕上げるには、医師の技量が大きく影響するため、高い技術力と経験を持つクリニックで施術を受ける必要があります。

■上瞼(上まぶた)の脂肪取りイメージ

eye_top3

 

【上瞼(上まぶた)の脂肪取りで期待できる効果】
・二重のラインが復活する
・目の下の目袋を解消する
・目の上のたるみを取り除く
・目のまわりの腫れぼったさを改善する

eye_up3_button

waki_button4

waki_button5