目の下のたるみ取りとは

目の下のたるみ取りは、最も手早く効果的な若返り法のひとつ。
目の下がすっきりして10~20歳若返った印象になります。


目の下のたるみは、疲れや年齢を感じさせる大きな要因です。
目の下にたるみがあると往々にして老けて見られるため、男女を問わず改善したいというニーズが大きい場所でもあります。軽度の場合、注入療法で目立たなくすることも可能ですが、根本的な改善を望む方、ヒアルロン酸、ボトックス注入といった注入療法では改善が難しい状態には、目の下のたるみ取りの手術をお勧めします。
目の下のたるみ取り手術は、袋状にたるんだ目袋や沈着した脂肪といった、余分な脂肪や皮膚を切除し、皮膚と筋肉(眼輪筋)をひきあげる手術です。下睫毛(まつげ)のすぐ際を切るため、傷跡はほとんど分かりません。腫れも少なく、日帰りの手術で5~10歳の若返りが可能。目の下のシワ取りとしても効果があり、40代からのシワ取りの治療として最も多い手術です。

【手術の特徴】

  • ●注入療法と比較しても圧倒的な効果が得られる。
  • ●手術時間は40~50分。抜糸まで約1週間。
  • ●2~3日むくむことがありますが、外出は可能。
  • ●下睫毛の際を切り、髪の毛より細い透明な糸で縫合するため、傷跡が目立ちにくい。
  • ●脂肪だけでなく、シワ取りにも有効。
  • ●メイクは傷の部分を除いて翌日から可能。傷の部分は抜糸後から可能。

 

目の下のたるみの種類と原因

眼の下のたるみには、皮膚のたるみと脂肪によるたるみがあり、
若々しく仕上げるためには状態を見極めた適切な手術が必要です。


目の下のたるみには、皮膚のたるみと脂肪によるたるみがあります。また、目の下にシワが増えると、シワによる凹凸によって影ができ、クマのように見えたり、たるんで見えたりもします。どれも加齢が原因となります。 加齢により老化が始まると、目の下の皮膚や筋肉(眼輪筋)、眼窩隔膜が衰えていきます。すると、眼球の下にある眼窩脂肪が前方に突出してきてしまい、目の下に眼袋とよばれるたるみが生じるのです。また、頬の皮膚が下垂することで、目の下のふくらみがより強調される場合もあります。こうした目の下のたるみは、人によってその程度が異なりますが、これは骨格や、生まれつきの脂肪量にも関係しています。

【目の下のたるみの種類】

  1. 1.余剰皮膚によるたるみ
  2. 2.突出してくる脂肪によるたるみ
  3. 3.目の下のシワによって、たるんで見えるもの

上記3つのどの場合にも、目の下のたるみ取り手術が有効です。
気をつけなくてはならないのは、突出した脂肪を取り出す場合、脂肪がなくなることで皮膚が余り、それがシワとなってしまうことです。突出した脂肪を取り出す場合は、余剰皮膚の切除も行い、眼輪筋の引き上げも同時に行わなくてはなりません。こうした適切な手術を行えば、外反する心配はありません。

 

切らない治療をお望みの方は

目の下のたるみを切らずに解消する最も一般的な治療法は、
ヒアルロン酸注入です。


手術以外で、目の下のたるみを解消したい方には、ヒアルロン酸注入をおすすめしています。ヒアルロン酸を目の下のくぼみに注入し、凹凸を目立たなくする治療法です。この治療法は手軽である反面、注入場所や量を誤ると不自然な凹凸を生じさせてしまうこともあります。当院では、その方の顔全体の骨格や形状を確認しながら、経験豊かな医師が適切に注入しますのでご安心ください。

ヒアルロン酸注入の詳しい説明はこちら >>

eye_under_button

masuini_tuite_button

waki_button4