gankenkasui_page_main


「肩こり・頭痛・眼精疲労」と
眼瞼下垂(がんけんかすい)に見る意外な関係。


慢性的な肩こり、頭痛、眼精疲労は
筋肉のつながりが引き起こす


最近では、慢性的な「肩こり・頭痛・眼精疲労」を治したくて眼瞼下垂の相談に訪れる方が多くなっています。こうした症状は医学的に見ても眼瞼下垂(がんけんかすい)が一因になっている可能性があると言えます。眼瞼下垂(がんけんかすい)の方の場合は、瞼(まぶた)が下がっているため、額の筋肉で目の開きを補おうとするので、額に力を入れ、眉を上げて物を見たり、細目で物を見たりする傾向があります。

その結果、眼瞼下垂(がんけんかすい)状態の方は、額のシワが深くなり、肩こりや頭痛、眼精疲労になりやすい傾向が顕著に見られるようになります。なぜなら、額の筋肉は、後頭部の筋肉や顎を上げる筋肉とつながっているためで、顎が突き出た姿勢が多くなり、頭痛や肩こりが起こるのです。実際に、当院で眼瞼下垂の手術を行ったご年配の方で、術後に肩こりや頭痛の症状が治ったという症例ケースも多くいらっしゃいます。目が開けにくいと、無意識に色々なところに力が入ります。眉毛を吊り上げ、額にしわを寄せて瞼を持ち上げたり、歯を食いしばって見開いたり。治療することにより、歯をくいしばってまぶたを上げるなどといった癖もなくなります。癖がなくなることにより、頭痛や肩こりも治っていきます。