gankenkasui_page_main

ハードコンタクトを長年していると
眼瞼下垂(がんけんかすい)になりやすいって本当?


コンタクトの長期使用やこすり目など
目に刺激や負担がかかるほどなりやすい


眼瞼下垂(がんけんかすい)が起こる原因はさまざまです。瞼(まぶた)を持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)やその筋肉を動かす動眼神経(どうがんしんけい)という神経の働きが悪い、瞼(まぶた)の皮膚がたるんでかぶさっている、病気やケガなどで眼球が小さくなったり陥没したりしている、などの状態が眼瞼下垂(がんけんかすい)を引き起こします。
生まれつきの先天性眼瞼下垂には、眼瞼挙筋の働きが弱いもの、眼瞼挙筋を働かせる神経に異常があるもの、瞼(まぶた)の形に問題のあるものなどがありますが、最も多いのは筋肉の働きが弱いものです。
一方、後天性眼瞼下垂では、挙筋腱膜が伸びてしまい眼瞼挙筋が瞼板から離れてしまうものや瞼(まぶた)の皮膚がたるんでしまうものが多い。また、コンタクトレンズを長期間使用している方、瞼(まぶた)をよくこする方、目やその周りのケガ、手術をした方などに起こることもあります。

【眼瞼下垂(がんけんかすい)の原因と考えられるもの】
老化や加齢によるまぶたの皮膚のたるみ
加齢によるまぶたの筋肉と権幕の弛み
ハードコンタクトレンズ長期使用によるもの
・ アレルギーや癖でまぶたを強くこする
先天性や病気により起こりうるもの。