gankenkasui_page_main

眼瞼下垂(がんけんかすい)は大きく分けると
「先天性」と「後天性」に分けられます。


”若い頃からまぶたが垂れて見える”
眼瞼下垂は先天性が多いのが特徴


●先天性眼瞼下垂とは・・・
若いときから瞼(まぶた)がたれて見える症状のことをいいます。この症状は瞼(まぶた)を持ち上げる筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の力が弱いか、瞼(まぶた)の筋力が元々、十分にない方が多いです。一般的に眼瞼下垂(がんけんかすい)は先天性のものが多く、眼瞼挙筋の形成不全などで起こります。また、片眼性のことが多く、遺伝的な問題も指摘されています。瞼(まぶた)の開瞼には、動眼神経からの命令で動く眼瞼挙筋と、交感神経の緊張で収縮するミューラー筋の2つの筋肉が関与しています。顔をまっすぐにし、正面を向いた時の状態で、瞼(まぶた)が瞳孔(黒目)の上まで上がらない状態を先天性眼瞼下垂と定義しています。

 


”年齢とともに、まぶたが垂れる”
後天性の眼瞼下垂は年々増加中


●後天性眼瞼下垂とは・・・
老化現象によって瞼(まぶた)がたるんでくることで、視界が狭くなってくる症状のことをいいます。後天性の眼瞼下垂は、筋力がないということではなく、加齢による筋力の低下や皮膚の弛緩が主な要因と考えられています。また、最近では目を酷使する行為(パソコンの長時間使用)やアトピーなどのアレルギー疾患によって瞼(まぶた)を擦ったり、過剰なメイクによって目を擦る行為によって、著しく皮膚が弛緩してしまったり、瞼板と挙筋腱膜とが外れてしまうことによって、状態が悪化するケースも少なくなく、むしろ増加傾向にあります。しかし、体には視野が妨げられると、自然に眉を持ち上げたり、顎を軽く上げるなどの代償作用が働くため、判断が難しくなることもあります。