futae_page_main

お顔の中で最も目立つ部位の治療だからこそ
患者様とクリニック双方の信頼とコンセンサスが大切です。

 

信頼できるクリニックかどうか
「埋没法」と「切開法」の2つの方法がある


埋没法と切開法の違いの中で、もっとも大きな違いは、「メスを使うか使わないか」ということです。埋没法は、メスを使わず、短時間で二重まぶたをつくることができます。一方で、切開法は、メスを使ってまぶたの一部を切開して縫い合わせる手術法です。
また、埋没法の場合は、思い立ったら、またすぐ元に戻すことができ、やり直しも可能です。一方、切開法の場合は、やり直しや元に戻すことはできませんが、目元の腫れぼったさが一緒に解消でき、はっきりとしたラインをつくることができます。もちろん、ほぼ100%元に戻ることはありません。
このように埋没法と切開法には、はっきりとした違いがあります。そのため、初めての方にはできるだけ「埋没法」をお勧めしています。その理由としては、最初に埋没法でご自分に合った二重まぶたのラインを決めていき、最終的に切開法で、永久的に二重まぶたにするということもできるためです。
逆に、切開法を最初に選択してしまうと、気に入らなかったとしても、元には戻せません。実際、多くの方が、事前に埋没法で理想のラインを体験した上で、切開法を選択することで、満足度の高い二重を手に入れています。

 

<埋没法>

毛髪ほどの細いナイロン糸をまぶたの皮下に埋没固定し、二重のラインを作る方法です。また、糸の通し方によって二重まぶたのラインを微調整することができ、カウンセリングの上で患者様の決定した好みのラインに沿って糸を留めます。

 

<切開法>

二重のラインを切開し、皮膚や余分な脂肪を取り除いて二重まぶたを作ります。
通常、切開法は埋没法で二重まぶたの施術をしても元に戻ってしまう方、また、皮膚のタルミやまぶたの脂肪が厚い方(戻ってしまう可能性が高い)などに勧められる手術法です。

reserve_tel_presentreserve_webmail_consultation