futae_page_main


その仕組みをご紹介します。

 

違いは線維性の連続があるかどうか
あるのが二重、ないのが一重


二重と一重のまぶたの違いは、まぶたにラインが入っているかどうかという見た目の違い以外に、根本的な構造の違いがあります。私たちが目を開ける時、二重まぶたの人の場合と、一重まぶたの人の場合では、実は目の開き方そのものが異なっています。
一般に、目を開ける動作は、瞼板(まぶた)に付着している上眼瞼挙筋(まぶたを開ける筋肉)が収縮することにより起こります。つまり、まぶた(瞼板)がまぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)により、引っ張り上げられ目が開きます。ここまでは、一重の方も二重の方も同じです。
まぶたが開くとき、つまり、上眼瞼挙筋がまぶたを持ち上げるときに、まぶたの皮膚が厚めだったり、脂肪が多めだったりすると、キレイにすべてを持ち上げることができず、目の上にまぶたがかぶさった状態になります。これが一重まぶたの構造です。一重まぶたがどことなく重たく見えたり、目を細くさせてしてしまうのは、まぶたがすべて持ち上がりきっていないという構造上の特徴によるものなのです。
一方、二重まぶたというのは、ラインがあることで目が大きく見えるだけでなく、実際にまぶたがしっかりと開かれているということなのです。二重まぶたは、この2つのメリットがあるために魅力的な目となるのです。

img_1

【一重(ひとえ)の場合】

一重(ひとえ)の方は、まぶたを開ける際、「瞼板+上眼瞼挙筋」の部分と上まぶた皮膚に連続性がないため、目を開けても二重として皮膚が折れ返らず、まつ毛の上に皮膚が乗ってしまい一重になります。

【二重(ふたえ)の場合】

これに対して二重の方は、まぶたを開ける際、「瞼板+上眼瞼挙筋」の部分と上まぶた皮膚との間に線維性の連続があるため、目を開けると連続性のある部分が中に引き込まれ、上まぶたの皮膚が折れ返って二重となります。つまり、二重の人には一重の人にはない「瞼板+上眼瞼挙筋」と皮膚との間に線維性の連続があるのです。二重の手術とは、目を開ける時にまぶたの皮膚が折れ返り希望の幅の二重となるように、「瞼板+上眼瞼挙筋」の部分とまぶたの皮膚との間に新たな連続性を作ってあげることなのです。

img_3

reserve_tel_presentreserve_webmail_consultation