相談内容 

17歳の息子がわきがで悩んでおり、手術を検討しています。
親の私もわきがで、息子の衣類に黄色い汗じみがつくことが多く、きつい匂いがするのです。
全身麻酔の手術でしっかりと治療させたいです。
また、溶ける糸を使用してもらいたいです。

 

院長からの回答 院長 桐原直樹 

まず、当院のわきが・多汗症治療につきましては、最も効果の高い“皮弁法または剪除法”による治療をお薦めしております。
当院は保健医療指定機関であり、保険証を持参していただければ3割負担で治療・手術が可能になります。費用は片側で約23,000円(諸経費込)、両側で約43,000円(諸経費込)となります。
わきがは病気ですので保険適用の治療が可能ですが、わきがと診断されなければ保険適用にはなりません。カウンセリング時にきちんと診断させていただくことは、医療行為上の規則ですのでご了承ください。

また、当院では全身麻酔は行っておりません。全身麻酔は入院を伴う可能性が高いので、入院設備があるクリニックなどへのご相談・診察をお勧めします。
傷口の縫合を溶ける糸でおこなう事は可能です。
溶ける糸を使用する場合には、『通院を伴わない場合』や『遠方よりご来院いただき通院することが困難な場合』などがあります。その他には、『溶ける糸の使用を強くご希望の場合』もあります。溶ける糸で縫合をした場合でも、通院はワキガ治療において、しっかりと治療する上で必要になってきますので、ご無理でなければ、通院されることをお勧めします。