相談内容 

わきがの手術で、保険がきく方法を選びたいと考えています。
休みを取りにくい職場に勤めているため、できる限り仕事を休む日を少なくしたいです。
手術前に通院する必要はありますか?
また、いつぐらいまでに予約すれば希望の日に手術ができますか?

 

院長からの回答 院長 桐原直樹 

当院では、わきが・多汗症の治療に最も効果の高い“皮弁法または剪除法”による治療をお薦めしています。費用は保険診療になりますので、わきがと診断されれば片側で約23,000円(諸経費込)、両側で約43,000円(諸経費込)になります。

お休みが取りにくいとのことですが、両わきを治療した場合、患部の圧迫固定期間中(7~10日間)は日常生活に不都合があり、患部の圧迫固定後には、日常生活が可能になるとお考えいただければと思います。術後の通院は、基本的には3回来院していただいておりますが、個々人のご都合時間によっては2回の通院の方もいらっしゃいます。

また、手術前の通院は特に設けておりませんが、カウンセリング後に当日手術をされる方もいらっしゃいます。ご希望の日程を早めにお伝えいただけると、他の方の予約と重ならずご希望に添いやすいと思われます。

当院では、“固定期間を短縮する方法”や、“片側づつ手術する方法”、手術以外にもボトックスを注入するなど他にも治療方法をご用意していますので、カウンセリング時には、納得のいくまでご相談ください。