相談内容 

剪除法の手術を違う病院で受けました。
術後しばらく経つのですが、まだ匂いが気になります。
そちらで再手術を受けることはできますか?
それから、保険適用と自費診療の違いを教えてください。

 

院長からの回答 院長 桐原直樹 

まず、当院のわきが・多汗症治療についてお話させていただきます。
当院のわきが・多汗症の治療では、最も効果の高い“皮弁法または剪除法”による治療をお薦めしています。

当院は、保健医療指定機関であるため、カウンセリングで、再手術において保険が適用できると診断された場合には、国民健康保険・社会保険などの保険証をご持参いただければ、3割の自己負担にて手術を受けることができますので、費用は、片側で約23,000円(諸経費込)、両側で約43,000円(諸経費込)になります。

自費診療は全額、自己負担になります。
その他、ご不明な点や再手術についての詳細は、カウンセリング(診察)時にご納得のいくまでご相談いただければと思います。