• Q:現在30代ですが、20代の頃のハリがなくなってきました。フェイスリフトは適応でしょうか?

    A:以前は高年齢層の方が施術する手術というイメージでしたが、最近では予防美容としてフェイスリフトの手術を受ける30代の方も増えています。若年層には比較的せまい範囲で行うミニリフトもお勧めしています。

  • Q:フェイスリフトとは、どんな施術ですか?

    A:たるみを解消する手術で、基本的には顔の構造体である脂肪や筋肉、皮膚を引き上げます。可能な限り傷が目立たないように行います。当院で行っているフェイスリフト手術は、単に皮膚を引き上げて切除するのではなく、皮膚とその下で顔面を形成している組織のひとつである筋膜(SMAS)を二層に分けて引き上げるもので、非常に安定した高い効果を得ることができます。

  • Q:術中に痛みはありますか?

    A:フェイスリフトは局所麻酔、静脈麻酔、全身麻酔のいずれかを行ってから施術します。麻酔を打つ際に多少の痛みはありますが、その後は麻酔が効いてきますので、痛みを感じることはありません。

  • Q:術後の腫れや痛みについて教えてください。

    A:腫れについては個人差があります。一般的に7日~10日で大きな腫れは治まりますので、仕事や通常の生活に戻ることが可能です。完全に腫れがひくのには1ヶ月程かかります。術後の痛みは処方される薬でコントロールできますし、歯痛のような眠れない程の痛みはありません。

  • Q:フェイスリフトはどれくらいの傷痕が残りますか?

    A:フェイスリフト手術は耳軟骨の内側、後ろの付け根や襟あしを数センチ、可能な限り目立たない部分からアプローチします。傷痕は1~2ヶ月位はピンク色をしていますが、最終的に肌色になり目立たなくなります。髪型をアップスタイルにしても気にならないでしょう。

  • Q:フェイスリフトを一生に一回行うとしたら、適正年齢はいくつですか?

    A:最近では20代後半からフェイスリフトを受ける方が増えています。適正年齢はその方の生活環境に大きく左右されますが、効果の面で見れば30代後半からがより高い効果を実感できるでしょう。フェイスリフトは一生に一度しか受けられない手術ではありません。30代後半で受けた方が、60才前後で再び受けるケースも珍しくありません。

  • Q:こめかみ・頬・首までのたるみが気になります。一度に治療できますか?

    A:可能です。他にも頬とこめかみ、頬と首などの組み合わせもできます。カウンセリングにてご相談ください。また、顔全体のたるみやシワをフェイスリフトにて治療された後に、細かいシワをプチ整形(コラーゲン、ヒアルロン酸、ボトックスなど)で改善したり、プラチナの糸を併用したりなど、お悩みに合わせてさまざまな組み合わせができます。

アイリス美容外科ではみなさまの疑問にお応えし、ご納得いただいた上で治療を行うことを大切にしています。
この他にも不安や疑問があれば電話または無料メール相談フォームから何でもお気軽にお問合せください。

また、無料カウンセリングでは院長がみなさまの状態を診察し、より専門的なアドバイスを行うことが可能です。
お気軽にお申込みください。